Topページ > 沿革

沿革

昭和 29年 11月前社長・福山琢磨が「大阪府高校新聞協会印刷局」を創業。
大阪府下約70校の学校新聞の編集、印刷を業務とした
昭和 37年 4月新社屋を天王寺区小橋東之町に建設。活版印刷設備を整える
昭和 40年 11月株式会社新聞印刷を設立。福山琢磨、社長に就任。資本金50万円
昭和 42年 10月機器の増設。資本金を110万円に増資
昭和 45年 7月写真製版設備の導入。資本金を440万円に増資
昭和 50年 6月APRシステムから全面オフセット印刷へ設備転換
昭和 54年 7月
10月
新社屋を天王寺区東高津町に移転
資本金を1,000万円に増資
昭和 57年 4月二色印刷機を導入、本格的にカラー印刷を始める
昭和 58年 4月電子版のスタート
昭和 59年 5月
7月
9月
「自費出版センター」オープン
「自分史マニュアル・メモリーノート」の出版と「自分史作り教室」の開講
業界に先駆けて本格的な電子編集システム(SPSメテオ)を実現
昭和 60年 4月自分史公開講座を開催。全国の代理店づくりに乗り出す
平成 元年 1月自動編集機およびメテオシステムを新型機に更新
平成 3年 5月出版部門の充実を図り、販売ルートを開くため「株式会社新風書房」を創設
資本金100万円
平成 5年 3月組版システムにMacintoshを導入
平成 6年 8月業務の拡大により東京支社を開設
通信回線による高速編集組版システムを開始
平成 9年 3月㈱新風書房の資本金を1,000万円に増設
平成 13年 9月CTP(サーマルプレートPT-R4000)を導入
シノハラ製1/1・2/0兼用印刷機75ll/llPを導入